お知らせInformation Page

誰でも簡単に確かめられるシロアリ発見法を教えて下さい

2010-04-07 (Wed) 17:42

シロアリがついていないかは、次の手がかりで簡単に調べられます。

  1. 蟻道
    シロアリは地中から蟻道をつくって建物へ侵入してくることが多いので、時どき建物の基礎や束石、土台などに蟻道がついていないかを確かめましょう。
     
  2. 蟻土
    シロアリは風や光を嫌い、適当な湿度を保つために、木材の割れ目や継ぎ目に排出物や土砂(蟻土)を詰めたり、盛り上げたりします。
     
  3. 食痕
    シロアリは木材の軟らかい早材を好んで食べ、硬い晩材を食べ残すという特徴ある食痕を示します。
     
  4. 空洞音
    シロアリ被害の進んだ木材はハンマーでたたくと空洞音がしたり、ドライバーでほじくると簡単に穴があきます。
     
  5. 建物の異常
    被害の進んだ建物では柱が下がったり、棟や軒の稜線が波を打ったり、ふすまや雨戸などの立てつけが悪くなったりします。
     
  6. 羽アリ
    住まいやその近辺からシロアリの羽アリが群飛しないか注意しましょう。
     
  7. 乾材シロアリの糞
    乾材から乾燥した砂粒状の糞が排出されている場合は乾材シロアリの被害です。

Blog Category

適切な施工と適正な価格

防除施工標準仕様書に基づいた価格と施工(社)福岡県しろあり対策協会の会員は、『防除施工標準仕様書』に基づき適正な価格でシロアリ防除施工を行います。最近の(財)経済調査会発行の積算資料によれば、ヤマトシロアリを対象とした防除施工の価格は、既存住宅において3­.­3­平方メートル(1­坪)あたり8­,9­1­0­円となっております。なお、対象とするシロアリの種類、防除工法、住宅構造や立地環境によって施工内容がかわってきますので、施工価格もそれによって変動します。
RSS 2.0