お知らせInformation Page

ヤマトシロアリとイエシロアリの特徴、加害習性を教えて下さい

2010-04-07 (Wed) 17:53

ヤマトシロアリは特別 に加工した塊状の巣はつくらず、加害箇所が巣をかねており、適当な生活場所と餌を求めて集団で移動する習性があります。 とくに湿潤なところを好みますので、湿った木材や土中で生活していることが多く、主に建物下部を加害します。被害は腐朽と同時に起こることが多く、食痕は多湿で汚ないです。

イエシロアリは建物や土中に塊状の大きな巣をつくり、普通 数十万匹、大きいものでは100万匹にも達します。加害速度も速く、被害は激烈です。建物の乾燥した木材でも水を運んできて湿しながら加害しますので、被害は建物全体に及びます。食痕は乾燥しており、きれいです。

Blog Category

しろあり分布図 共有範囲が「...

福岡地方北九州地方筑豊地方筑後地方その他地区共有範囲を「リンクを知っている人のみ」の場合上記のような表示で、各地区からg­o­o­g­l­e­を選んでいただいてしろありマップに飛ぶことが可能です。共有範囲を「特定のユーザー」にすることも可能ですが、一人ひとりg­o­o­g­l­e­アカウントを取得し許可設定を行わなければなりません。セキュリティ的には共有範囲を「特定のユーザー」にした方がいいかと思います。
RSS 2.0